人気ブログランキング |

リフォーム(知識・プラン・施工方法・設計)

防音室


リフォームでのピアノ防音工事の壁・床・天井の響きの抑制には、吸音処理が必要です。
床に伝わる振動も音響に関係します。ただし吸音は防音の役目としては、あまり効果は望めません。楽器の最適な吸音率としては、ピアノ防音工事のリフォームの場合は音域や周波数帯域が広いので0.23~0.34の間が良いとされています。

歌はできるだけ吸音率0.16~0.23と低く設定しないと、歌いにくく疲れます。又、響いて欲しい楽器(管楽器)の場合は0.20~0.29です。逆に響きを抑えたい場合のリフォーム防音工事では(パーカッション類)は0.25~0.36となります。

防音室での簡単なピアノの響きの簡単なリフォーム対策としては

■床に振動低減製品(遮音シート・防音マット・厚手の絨毯・ゴムマット・コルクマット等)を敷く
■壁や天井に、吸音材を貼るか、壁に突っ張り棒を取り付けて、厚手のカーテンを施す
■グランドピアノ自体に、消音製品や機器(サイレント・吸音材)を取り付ける(ただし、ピアノ本来の音がしなくなる傾向になりやすい)
■ピアノの脚の下に、耐震用(振動抑制)のインシュレーターを取り付ける

リフォームのピアノ防音工事での吸音と防音の違いについて

吸音と防音(遮音)とを一緒の現象と思っている方が多いのですが、音を単に低減させるのが防音で、音のエネルギーを熱のエネルギーに分散してしまうのが吸音と呼ばれる現象で、音の性質を分解し音を柔らかくします。

例えばピアノのキンキン響き過ぎる部屋を吸音すると、余計な響きが無くなり本来の音が蘇ります。室内で手をパーンと叩くと音の残響や反響が分かりますが、リフォームの防音工事で、この音の長さをコントロールするのも、吸音の役目です。

そして響きの現象ですが、反響・残響時間が長く、良く響く現象をライブと定義し、反響・残響時間が短く、あまり響かない現象をデッドと一般的に音響用語として表現しています。

それから皆さんの中には音が熱なんて発生してるの?と思う方もいると思いますが、音は実際人間には感知出来ないほどの熱を音は発生させてます。

この様に、リフォームでのピアノ防音工事で、音をコントロールする役目を持っているのが吸音で、不快な反響音を減らし、室内の音響の重要な役割をしています。一般的に周波数が高く、響きの持続・増幅音が長い音源の場所や楽器には、吸音力の多いデッドな環境が適していると言われてますが、逆に歌や声楽なんかの場合は、デッドな環境ですと、響かないので、歌の微妙な表現が出来ず、無理に過度な声帯のコントロールをするため、吸音を少なめにした、少しライブな環境が望まれます。

ホテル寝室・高級レストラン・談話室等のリフォーム防音工事では静かにしたいのでデッド、活気がある方がお店の営業に良いと思われる場合にはライブとか、その用途によって、貴重な役目を持っています。

一方防音(遮音)は単に音の大きさを抑える事だけを目的とした処置の事を言います。ですから、リフォームの防音工事の場合は、音楽主体のお部屋には防音よりも吸音は重要な役目を持っています。吸音は多少防音の補助的な役割をしている程度で、吸音自体には防音性があまり無いと認識してください。ただし防音とうまく吸音を併用する事によって、防音効果は多少が上がります。

吸音は材料等に入って来る音のエネルギーに対して、吸音されたエネルギーとの対比で表したものを吸音率と言い、使用面積に合わせて平均化したものを平均吸音率としています。数値が高い方がより良く吸音することを表しています。

吸音は周波数帯域によっても影響されます。吸音率が高いと、音がよく吸われ過ぎて、室内に入ると楽器の音や自分の声がボソボソしたような響きになり味気ない音になってしまいます、特に声楽の方の発声に負担がかかり良くありません。ですから最適な音の環境を得るには吸音の役目はリフォームの防音工事では大切な要素になります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

防音室


■低価格で高性能とサイレントデザイン評判の防音室

自宅で楽器やピアノを練習したいけど、隣や周辺が気になって・・。貸しスタジオに行くのも予約も費用も大変。

だからと言って、自宅に防音工事は、賃貸住宅では現状復帰して返さないと。でもサイレントの防音室なら、完全な組立式の防音室なので、賃貸住宅でも置ける優れものです。

silent design 防音室でしたら、狭いお部屋でも置ける、一人用の0.5帖の小さなサイズから、色々な用途に使える、広い3帖まで豊富なサイズを用意しています。
防音室はホワイトで艶があり、ドアはスカイグレーです。どんなお部屋にもマッチするシンプルで素敵なデザインです。

写真の防音室の2帖なら、アップライトピアノも余裕で入る広さです。二人くらいでギターなら、1.5帖もお勧めです。もっと小さな、0.5帖や0.8帖なら、歌やクラリネットにも最適です。バイオリンなら1.2帖でも練習できます。この他に楽器だけでなく、検査室・研究室にと、防音室の用途は無限に広がってます。

遮音性能は、30dBと35dBで安心防音。防音室から出る音を30%、35%低減する性能を有しています。バイオリンやギターの音が、防音室の外では、ささやく程度の声までに低減します。

防音室の組立や分解は大人二人~三人で可能ですが、初回納品時は、専門の運送会社が作業しますので、安心です。又、移設の際も当社提携の運送業者をご紹介しています。


■低価格で性能が評判の防音室

■30dB・35dBの優れた遮音・防音性能 

■サイズは0.5帖から3.0帖と豊富に用意

■高さ 1800・2000・ 2200と用途に合わせて選べます。

■組立式なので工事が不要、賃貸住宅でも家具のように置けます

■サイレントで都会派感覚のすぐれたデザイン性

■ショールーム展示中(東京池袋)







口コミで人気評判のホームページ

ハッピーコンサルト 占いルーム ヤマハ防音室の価格の秘密 だんぼっち 音響知識 女性占い師 サイレントデザイン 騒音対策 ボーカル声楽教室 ウィーングルメ  東京の声楽教室 企業での採用 大学研究室での採用 防音室ショールーム 中古防音室 防音室リース・レンタル ピアノ防音工事 音楽相互リンク集 ウィーンオペラ座 ピアノ掲示板 熱海fishing 東京ニュースな街 池袋ラーメンランキング ペット防音室 池袋ラーメン口コミ・評判情報ニュース  防音工事 ツインソウル カレー・バロッサ 耳の検査室 京都とんちん亭 占いの方法 浅草正ちゃん だんぼっち評判  防音室 幸福の法則 声優レッスン 幸福占い 中丸三千繪コンサート 勉強部屋 ボーカルブース 音楽療法知識 池袋の母 犬占い 占い料金  ペット占い ウィーン声楽教室 ベルリーコーポレーション 占いの館 池袋の母  ピアノ買取  防音室ショールーム  占い費用  パワースポット


by phop | 2009-09-28 06:42 | 楽器

いつも心が綺麗で、優しい気持ちで、世界が平和であれたらと思うのですが、人間のやる事だから、なかなか難しいですね。会社代表をしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30